スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風と別の臭気

【台風被害】
またまた更新が滞ってしまいました。
9月11日に十里木方面に行ってきました。今回の台風は、富士山の裏側を回って進んだため、御殿場、小山方面は、風よりも雨がすごかったようです。また雷も発生して御殿場、函南の方では広範囲に停電した地域がありました。普段、溢れる事のないような川が氾濫して被害のあった施設が多く、落雷で分電盤が焼損した施設もあったそうです。
taifuu_0911_2s.jpg

taifuu_0911_1s.jpg
これは、某林道ですが、アスファルトが剥がれ、道が川のようになってしまいました。自然災害は、人間の想像をはるかに超えるエネルギーを秘めていますね。

【公害問題】
ところで、本題の公害に関してですが、このところまた別の臭気がしてくるようになりました。一つは堆肥のような臭い、もう一つはモツを煮込んでいるような臭いです。堆肥はお茶畑などにも利用されるので、ずっとそれかと思っていました。ところが、ある日帰宅する道筋がずっと臭っていたのです。「いくら何でもこんなに臭うはずがない」そしてその臭気は、風向きからしてお茶畑のあるはずの無い方向・・そうです、例の焼却場の方向からしてきました。その気で注目していると幾日か同じように臭ってきたのです。
「なぜ町内の人は騒がないのか?」長年嗅ぎ生れた堆肥の臭いなら、お茶畑の多い地域ですからお互いさまで文句も言えません。それは発生源がお茶畑だと思っているからです。焼却場の焼却品目に「生ゴミ、動物の死骸」等がありました。確かに某総合病院の煙突からの排煙と同じような臭いのする時があります。
ある時、隣の町に住む方に臭気の事をたずねてみました。すると「あの臭いのは焼却場だったのか。臭ってくると窓を閉めていたよ」・・発生源がわからないと苦情の矛先を向けようがないので我慢しているしかありません。地域住民が黙っているからいいのか?それではいけないと思います。管轄する機関で、こういう施設を前向きに指導していってほしいと思います。
なぜ臭うのか・・適正な温度で焼却していないからだと思います。この焼却施設に、風下の臭気調査を義務付けてはどうでしょうか?「そこまでは出来ない」という意見もあるでしょう。それは臭気や地域住民への配慮を持った施設ならまだしも、何年もこの施設に悩まされて来た私にとっては当然の事だと思っています。
こういう施設がある限り、どこの場所でも焼却施設建設に関して、地域住民の承諾なんて簡単には得られないでしょう。一度承諾したら、その施設が破壊されるまでずっと悩まされ続けなくてはなりませんから・・。
スポンサーサイト
プロフィール

ヤブツバキ

Author:ヤブツバキ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。